面白い生き物の生態や飼育方法などを紹介するちょっと変わった生き物図鑑
葉に乗る弾丸アリ

【刺されてる動画あり】最強の蟻パラポネラ(弾丸アリ)の生態と飼い方

ハチやアリが苦手だという方は多いのではないだろうか。ハカセは昔、缶ジュースにハチが侵入していて、舌を刺されて以来ハチが大嫌いになった。

 
ハカセ
人生でトップ5に入る痛みだったよ。
日本の小さなハチやアリに刺されただけで、あれほど痛いのだから、世界にいる超大型の昆虫に刺されたらどれくらい痛いんだろう・・・。そんな事を考えていたら実際に世界の色んな虫に刺されてみて、「刺されたら痛い虫ランキング」を作ったぶっ飛んだ昆虫博士がいた。
そのランキングで見事一位を獲得したのが今回紹介する最強のアリ「弾丸アリ(通称:パラポネラ)」なんだ。
実際に刺されているシーン↓
パラポネラに刺されるgif

 

動画のフルバージョンはこちら。

この記事ではそんなパラポネラの生態や、飼い方について紹介していくよ。

パラポネラの生態 

弾丸アリの正式名称はサシハリアリ(英名がパラポネラ)といい、最大で3cmを超える事もある。

 
ハカセ
500円玉の直径が2.7cmなので、500円玉よりも一回り大きいんだ。

その性格は非常に攻戦的で、近くの巣のアリとしょっちゅう戦っている。その為、群れの中には負傷した働きアリが非常に多いという。

パラポネラの顔面
出典: Brave Wilderness, STUNG by a BULLET ANT!

巣に近づいた者は何にでも襲い掛かるほど獰猛で、人間や動物も襲われた例がある。その攻撃方法は木の上からポトポトと落ちてきて、全身を噛んだり刺してくる。アリ嫌いの人からしたら想像したくもないだろう。

痛さは昆虫界でNo.1

こんなに巨大キバを持っているのだが、実は最大の武器はお尻に生えている毒針で、刺されると半端じゃない痛みが走る。

パラポネラの針
出典: Brave Wilderness, STUNG by a BULLET ANT!
この針に刺された時の痛みは、すべてのハチ・アリの中で最大と言われていて、拳銃に打たれた時のような痛みを与えてくるために、弾丸アリと呼ばれている。その上、痛みは24時間持続するというからタチが悪いことこの上ない。

痛すぎて先住民の儀式に

そのあまりの痛みはアフリカの先住民族が「戦士になるための儀式」として利用している程なんだ。弾丸アリが大量に縫い込まれた手袋に、10分間手を入れ続け、痛みに耐え抜く事で一人前の戦士として認められる。

 
ハカセ
腕から肩を超えて首まで痛くなるらしいよ。
あまりの痛みにもがきまわる博士



パラポネラの購入方法

日本でも購入が可能

そんな恐ろしすぎる弾丸アリ(パラポネラ)だが、日本でも購入が可能だ。アリの愛好家達からは非常に人気が高く、女王アリ1匹&働きアリ2匹のセットで85000円もする。

こちらのサイトから弾丸アリを買う事が出来る。
飼育セットも一緒に売っているので、飼いたい方はぜひご一緒に。
※追記:コロナの影響もあり、2021年2月現在では入荷未定になっている。

上手く育てれば1年で300匹ほど増えるので、繁殖して売ればいい商売になるかもしれないね。

 
ハカセ
元々南米の湿地帯に生息しているアリなので、日本で繁殖させるのは相当難しいよ。
輸入・飼育が違法になるかもしれないので、外来生物法や植物防疫法をよくチェックしてね
パラポネラの顔(正面)
出典: Brave Wilderness, STUNG by a BULLET ANT!

パラポネラの飼育方法

パラポネラの女王アリは死ぬまで働きアリを産み続ける。女王アリは最長10年も生きるので、飼う時はしっかりと覚悟をもって飼ってほしい。

準備するモノ

  • 飼育ケース
  • エサ
  • エサ置き場
  • スポイト
  • ピンセット

・飼育ケース

まずは何よりケースが必要だ。パラポネラは「湿気を好むアリ」なので水分が逃げにくい石膏型のケースを用意しよう。

 
ハカセ
アリには「湿気を好むアリ」と「乾燥を好むアリ」の2種類がいるよ。

本物のアリの巣のようなケースもあるが、ある程度アリの数が増えるまでは簡易的なケースでの飼育をオススメする。本物のアリの巣のような立体型の石膏ケースは見栄えは良いのだが、メンテナンスの手間がかかるので、上級者向けになっている。

 
ハカセ
平型のプラスチックケースの底に、石膏が敷き詰めてあるケースでも十分に飼育が可能だよ。
アリ飼育ケース

・エサ

基本的には昆虫ゼリーやハチミツで問題は無い。ただし、弾丸アリは肉食性が強い雑食なので、時々本物の昆虫を与えた方がいい。

 
ハカセ
パラポネラは環境によって食べているエサが異なるので、どのエサならよく食べるのかしっかり観察しておこう。

・エサ置き場

ケース内を清潔に保つために、エサ置き場は別に用意する。ケースにエサ置き場が同梱されていなければ、別途購入してチューブなどで繋ぐ必要がある。

アリの巣と餌箱のつなぎ方

・スポイト

パラポネラは湿気の多い環境を好むので、月に1度はケースの石膏部分に水をかける必要がある。難しいことに水が多すぎてもダメだが、少なすぎてもダメなんだ。

 
ハカセ
目盛り付きのスポイトを買って、しっかりと量を測りながら水をあげるようにしよう。

・ピンセット

食べ残しやちょっとしたゴミを拾う時のために、ピンセットは絶対に用意しておこう。アリはエサを解体してから巣へと運ぶので、入口付近のゴミが特に多くなる。

・筆

筆は絶対に必要なんだ。

パラポネラを購入すると、最初は石膏のガシャポンのようなケースに入れられて届くよ。

 
ハカセ
飼育用のケースに手で移動させると、昆虫界一の激痛を自分が味わう事になるので注意しよう。
ケースの掃除などでアリを移動させる時は、筆で優しく移動させてあげよう。

飼育の難易度

弾丸アリを日本で飼育するのは、難易度が高めだ。元々熱帯地方に生息しているアリなので、似た環境を用意するのが中々難しい。しかも微量だが毒を持っているので、絶対に安全とは言い切れない。

 
ハカセ
パラポネラに刺されると、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるんだ。

まとめ

弾丸アリは単体では「最強のアリ」として恐れられ続けてきた。博士のこの苦しみ方を見ると、あながち嘘ではない様に思える。誰かお金のあるユーチューバーさんは、是非とも弾丸アリに刺されてみる動画を公開してほしい。

葉に乗る弾丸アリ
最新情報をチェックしよう!
>生き物を大切にする心を

生き物を大切にする心を

このサイトでは不思議な生き物の生態や雑学など紹介しています。
生き抜くために奇想天外な進化を遂げたり、想像もつかない様な能力を備えた生き物達。
その能力を獲得する為にどんな歴史を辿ってきたのか
そんな彼らの凄さ・尊さを知って生き物を大切に思える方が増えてくれれば嬉しいです。

CTR IMG